【法務DXツール 比較54選】を公開しました ダウンロード

AIによる契約書レビューとは?機能やメリットについてご紹介

法務の業務の中心を占める業務として契約書審査業務が挙げられます。こうした契約書審査業務は民法などの法的知識が前提となって審査を行うため高度な知識などが必要となります。そのため、業務の属人化やブラックボックス化が起こりやすく効率化が強く求められる業務と言えます。そこで、契約書審査業務を効率化するためのサービスとしてAIレビューサービスが挙げられます。しかし、AIレビューサービスはどのような機能を有しているのか等疑問を持たれる方も多いでしょう。そこで、本記事ではAIレビューサービスの機能などについて解説します。

なお、AIレビューサービスについてはこちらの記事で比較も行っておりますので併せてご参考ください。

目次

AIによる契約書レビューサービスとは?

AIによる契約書レビューサービスとは、契約書をアップロードするとAIが自動的に契約書のリーガルチェックを行ってくれるサービスのことをいいます。
契約書の内容について自社に不利な条項や抜け落ちといった指摘をしてくれるため、非常に短時間で契約書のレビューを行うことができ、誰がやってもある程度の品質の担保された契約書レビューとなる点が魅力のサービスです。

ただし、よく勘違いされがちなのですが、AIは全ての結論を出してくれるものではなく、選択肢としてこういった修正条項があり得るなどの提案をしてくれるに留まります。AIの提案を受け入れるかどうかは人間が最終的に判断する必要があるため、AIが全てやってくれるサービスだと勘違いしないようにしましょう。あくまでもAIは契約書レビューの支援を行うサービスです。

AIレビューサービスの機能

ではAIレビューサービスにはどのような機能があるでしょうか。ここからはAIレビューサービスの機能についてご紹介します。

レビュー支援機能

AIレビューサービスの中心となる機能です。契約書のアップロードを行うとAIが自動的に契約書の条項を有利・不利と判別し、また抜け落ちや不利となっている記載を指摘してくれる機能です。委託側か受託側か等の自社の立場を指定した上でレビューを行うことができるため、より自社の立場に立ったレビューを行ってくれるのが魅力の機能です。

修正案作成支援機能

AIレビューサービスは単に有利不利の判定をするだけに留まりません。代替案として条項の修正案の提示もしてくれます。こうした機能を活用することでレビューの品質の均一化を図ることができる点はAIレビューサービスの魅力と言えるでしょう。

契約書案作成支援機能

AIレビューサービスの多くのものには、契約書ひな形が登録されており、契約書案を作成する際に一から作成しなくてもひな形を利用する事でより短時間で契約書案を作成することができます。また、作成した契約書をAIレビューサービスにかけることで条項に過不足が無いか確認することもできます。このように短時間で一定の品質の担保された契約書の作成が可能となる点はAIレビューサービスの魅力の1つと言えるでしょう。

AIレビューサービスのメリット

では、AIレビューサービスにはどのようなメリットがあるでしょうか。ここからはAIレビューサービスのメリットについて解説します。

リーガルチェックの効率化

AIレビューサービスを利用することで、より短時間で契約書のレビューを行うことができます。AIが条項の抜け漏れや有利・不利を判定してくれるため、一から契約書のレビューを行うよりも短時間でレビューが完了するためです。また、電子契約サービスと連携させることで契約書レビューだけでなく契約書に関わる業務全体を効率化することができる点もAIレビューサービスのメリットの1つと言えるでしょう。

人的コストの軽減

AIレビューサービスの導入により、短時間で契約書レビューが可能となるため、それまで契約書レビューを中心に充てていた人員を他の業務に回すことが可能となります、契約書レビュー意外にも法律相談業務や紛争対応など法務部門のコア業務は他にもある事からそういった業務に人員を増やすこと無く、対応が可能となる点はAIレビューサービスの大きなメリットの1つと言えるでしょう。

契約リスクの軽減

AIレビューサービスは契約書をアップロードするだけでその契約書の有利・不利な条項や抜け漏れなどを指摘してくれ、契約書レビューを強力に支援してくれます。こうした機能は人間だけでレビューを行っていると起こりがちなチェック漏れ等を未然に防止することができるため、契約リスクの軽減に非常に役立ちます。また、担当者がAIによる提案の内容をチェックすることでダブルチェックとなり、より確度の高い契約リスクの軽減が可能となる点はAIレビューサービスのメリットと言えるでしょう。

AIレビューサービスの選び方

ではAIレビューサービスはどのように選べば良いでしょうか。ここからはAIレビューサービスの選び方について解説します。

自社でよく利用する契約類型・書式等に対応しているか

ビジネスで取扱う契約書の種類は無数にあり、AIレビューサービスもその全てに対応しているわけではありません。そのためAIレビューサービスを選ぶに当たっては自社でよく利用する契約類型や書式に対応しているかという点は非常に重要となります。
特に他の業種であまり取り扱わない類型の契約書を頻繁に利用する場合には注意してサービスを選ぶようにしましょう。

業務効率化のための機能の充実度

AIレビューサービスの導入の最大の目的は契約書レビュー業務の効率化です。そのため、業務効率化という観点から見たときに機能が充実しているかどうかという点はしっかりとチェックした上で選ぶようにしましょう。
特に英文契約書にも対応しているなど高機能のものは費用も相応に高くなりますが、会社で英文契約書をあまり取り扱わないのであれば、その機能は持て余してしまうことになります。そうなると高い費用を支払ってサービスを導入した意味が薄れてしまいます。
そのため、自社の業務効率化という観点から機能が充実しているかといった点は必ず確認してからAIレビューサービスは選ぶようにしましょう。

サポート体制が充実しているか

AIレビューサービスはほとんどの会社で初めて導入するツールとなるでしょう。そのため操作や機能について分らないことが出てくるのは当然と言えます。こうした際にサポート体制が充実していなければ、せっかく導入したサービスが非常に使いにくいものになってしまいます。そういった事態を防ぐためにサポート体制が充実したものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

AIレビューサービスは契約書レビューを効率的に行うだけで無く、契約リスクの軽減にも役立つなど、様々な効用が期待できます。AIレビューサービスを活用して契約書レビューを効率よく行いましょう。

  • URLをコピーしました!
目次