【法務DXツール 比較54選】を公開しました ダウンロード

反社チェックツールおすすめ13選~反社チェックの重要性についても解説~

新しい取引先と取引を開始する前に、相手が反社会的勢力に関係していないか、あるいは以前は問題なかった取引先がいつの間にか反社会的勢力と繋がっている可能性があるかもしれません。そうした反社会的勢力との関わりを避けるためにも反社チェックは非常に重要です。
しかし、反社チェックと言われても具体的に何をどの程度行えば良いのか分からないという方も少なくないでしょう。
そこで最近では反社チェックツールを利用することが増えています。本記事では、おすすめの反社チェックツール13選について解説します。

目次

反社チェックが重要視される理由

反社チェックはそもそも何故重要視されるのでしょうか。ここでは反社チェックが重要視される理由について解説します。

コンプライアンス体制重視のため

企業は法令遵守だけで無く、様々な社会的ルールについても守ることが要請されています。このように高いコンプライアンス体制が要求される企業は反社会的勢力と関係を持ったり、取引を行うといった事態は避けることが求められます。また、反社会的勢力と関係しているうちに違法行為に加担していたといった結果を招くリスクもあります。このように反社会的勢力と関係することはコンプライアンス体制を重視しリスクを排除する上で重要と言えるでしょう。

反社会的勢力への資金提供を行わないため

反社会的勢力と取引を行うということは、その取引が正当な取引であったとしても対価を支払えば反社会的勢力の活動資金となるため、結果的に反社会的勢力に活動資金を提供することになります。資金源を提供するということは反社会的勢力の活動を助長することになってしまうため、資金提供を行わない事が反社会的勢力を排除するためには非常に重要となります。

その他にも反社チェックを不十分に行った場合には様々なリスクを生じます。こうしたリスクについてはこちらの記事もご参考ください。

反社チェックツールとは?

では、反社チェックツールとはそもそもどのようなものでしょうか。ここでは反社チェックツールについて解説します。
反社チェックツールとは、取引先企業や従業員が反社会的勢力や不祥事などと関係していないかチェックするためのツールのことをいいます。
反社会的勢力は自分たちが反社会的勢力であると言うことを隠して接近してくるため、反社会的勢力であるということを見抜くのは容易ではありません。また、暴力団排除条例などで企業は取引に際して相手方が反社会的勢力でないことを確認することなどが求められますが、どのような確認方法を取るかは各企業に委ねられているため、どのように対応すれば良いのか分らない企業は少なくありません。そこで、活用されるのが反社チェックツールです。
反社チェックツールを用いることで効率的に相手方が反社会的勢力でないか、過去に不正取引が無いか、事件や事故を起こしていないかなど様々なネガティブ情報の有無についてチェックすることができます。

反社チェックツールを選ぶポイント

反社チェックツールはどのようなポイントを見て選べば良いでしょうか。ここでは反社チェックツールを選ぶ際のポイントについて解説します。

調査範囲

反社チェックツールはツールによって調査範囲が異なるため情報の取得源が異なります。多くのツールはインターネット上の情報をもとにしたものです。しかし、中には自社や業界団体のデータベースや警察関連の組織のデータベースを情報源にしているツールもあります。自社のコンプライアンス体制に合わせて、どの程度の情報を取得するかを選ぶと良いでしょう。

スクリーニングの有無

反社チェックツールを選ぶ際にはスクリーニング機能があるかどうかも1つのポイントとなります。スクリーニング機能とは、特定の基準に沿って該当する情報のみをフィルターする機能のことをいいます。前述の通り反社チェックツールはインターネット上の情報を収集・取得するため関係の無い情報もヒットしてしまいます。スクリーニング機能はこうした無関係な情報などを優先順位を付けたりソートしてくれるため、不必要な情報を確認する手間を省いてくれることができます。

顧客管理システムとの連携

反社チェックツールが顧客管理システムと連携できると、より効率的に反社チェックを行う事ができます。顧客管理システムと反社チェックツールを連携させ、顧客情報を読み込ませることで反社チェックを行う手間を大きく省くことができます。

おすすめの反社チェックツール

ここからはおすすめの反社チェックツールをご紹介します。

Sansan

Sansan

Sansanの特徴は、顧客情報を紙の名刺などから簡単に取り込むことができ、公知情報とメディア情報を収集したデータベースと連携することで簡単に取引のリスクを検知することができます。

Risk Analyze

Risk Analyze

Risk Analyzeは、新聞記事やTV局が配信するニュース、行政処分情報、雑誌や専門誌等の公知情報だけでなく、危機管理の専門家が選別したデータを集積したデータベースと照合を行うため、非常に信頼性の高い反社チェックが可能な点が特徴のサービスです。

RISK EYES

RISK EYES

RISK EYESはWebニュースや新聞記事といった公知情報だけでなく、自社で独自収集した反社関連情報が集約されたデータベースや、海外企業や外国人との取引向けに政府・国際機関の制裁リストを検索できるのが特徴のサービスです。

RoboRoboコンプライアンスチェック

RoboRoboコンプライアンスチェック

RoboRoboコンプライアンスチェックは、取引先をまとめExcelファイルをドラッグ&ドロップで一括登録でき、手軽な操作でまとめて取引先をチェックできるのが特徴です。
また、AIによって関連記事を3段階で自動選別できるため効率よく情報の確認ができる点もメリットと言えるでしょう。

反社DB 即時検索

反社DB 即時検索

反社DB即時検索は、警察関連のデータベースを保有しているため非常に信頼性の高い情報源から反社チェックが可能な点が魅力のサービスです。無料のコンサルティングサポートも展開しているため安心して利用できる点もメリットと言えるでしょう。

minuku

minuku

minukuは、全国メディアや各Webサイトといった各種公知情報だけでなく独自に取得している各企業の情報を収集・分析しデータベースに反映している点が特徴です。操作方法も情報を管理画面に入力するだけで簡単にチェックを行えるため手軽なチェックが行える点も魅力的なサービスと言えるでしょう。

アラームボックス パワーサーチ

アラームボックス パワーサーチ

アラームボックス パワーサーチの特徴は1件500円からと手軽に反社チェックが行える点です。メインは与信審査ですが、専門調査会社のデータベース照会や、新聞記事の照会まで行うことができるため、安心して利用することができます。

DQ 反社チェック

DQ 反社チェック

DQ反社チェックの特徴はグローバル調査の強みです。世界100カ国以上に対応しており、リアルタイムで政府が保有するデータや裁判記録などにアクセスし、調査対象の犯罪歴や民事訴訟歴などを確認できます。グローバル取引の多い会社では重宝するツールといえるでしょう。

リスモンかんたんコンプラナビ

リスモンかんたんコンプラナビ

リスモンかんたんコンプラナビは500万超の企業情報が登録された独自のデータベースから検索可能なサービスとなっています。検索結果は、情報の重要性や該当件数を元にリスクを色分けで表示する仕組みになっているため、非常に分かりやすいのが特徴です。

日経リスクコンプライアンス

日経リスクコンプライアンス

日経リスクコンプライアンスは国内のみならず海外の情報まで網羅しているという網羅性の高さが特徴のサービスです。

反社チェックヒートマップ

反社チェックヒートマップ

反社チェックヒートマップはその名の通りリスクの高さをヒートマップ方式で表示する機能に対応しています。リスクを色別で表示するためリスクの高さを判断しやすい点が特徴のサービスです。

AIブランドモニター

AIブランドモニター

AIブランドモニターは主にネット上での風評をチェックするツールです。評価サイトや掲示板、SNSの投稿まで網羅的にネット上の評判を抽出する点が特徴のサービスです。

AUTORO反社チェック

AUTORO反社チェック

AUTRO反社チェックは、顧客管理システムとの連携で自動的に反社チェックが行える点が魅力のサービスです。
Salesforceなどの顧客管理システムとの連携で、システムへの情報アップロード後すぐに自動で調査を開始するため、非常に効率よく反社チェックを行うことができます。

まとめ

反社チェックは手動で行うとなると、どこまで何をやっていいのか悩む場合が多く、インターネットでの検索も関係ない情報が多数ヒットしてしまうといった事態にもなりかねません。反社チェックツールを利用して効率よく反社チェックを行いましょう。

  • URLをコピーしました!
目次